総量規制とは?

貸金業法が改正され総量規制が新たに加わりました。
総量規制というのは、年収の3分の1を超える借り入れができないというルールです。
今まで利用していたキャッシングの利用限度額が年収の3分の1を超えていたという人も、総量規制導入後は、利用限度額が減額されているはずです。
改正前にすでに年収の3分の1を超えている場合は、一括返済の必要はなく今まで通り返済可能ですが、新たな借り入れは借入残高が年収の3分の1以下になるまでできません。
これからキャッシングの新規申し込みをする人は、自分の年収の3分の1が限度額の目安になりますが、業者によってはもっと低めの設定になる可能性もあります。
すでに他社で借り入れがあり、新たに借り入れの申し込みをする場合でも1社につきではなく借入総額になるので、年収の3分の1を超えている場合は申し込みをしても審査をすればすぐにわかるので断られます。
総量規制の導入は、多重債務者を減らすためという目的もあります。